2011年8月12日金曜日

デル XPS17(L701X)の修理 - パートII



5月に修理から帰ってきたデル XPS17ですが、ファンの音は多少静かになったものの、パームレストの熱の問題は解消されておらず、再修理することになりました。

現象としては、左手を置くパームレストの部分(マルで囲った部分)が平均的に39.5度程度になり、長時間の作業は辛くなります。
(左上のファン上部は40度を超えています)

デルにパームレストの一般的な温度を確認したところ、「そのような統計情報は収集しておりません」ということで、では熱い・熱くないとどのように判断するのか聞いてみたところ、他のPCと比較して、熱ければ対策を講じるとのことで、結局、「これは仕様です」のパターンで終わってしまうのではないかと思いつつも、このPCを使い続ける上でこの熱問題はちょっと大きいので、しぶしぶ、修理を依頼しました。

今回は7月14日にPCを引き取ってもらいましたが、戻ってきたので8月4日で、なんと20日間も掛かってしまいました。
修理中、状況を何度も問い合せたのですが、「詳しく調査していますので時間が掛かっています」の一辺倒の返事で、ようやく、8月1日になってから、「悪いところは見つかりませんでした」との連絡が・・・。

結局、FAN、CPU及びマザーボードの予防交換とキーボードの交換をやって返却するということになりました。
(キーボードは前回の修理で交換してもらってたので、特に交換する必要はなかったのですが、反応が良くないキーが見つかったとのことで、交換することになりました)

 【デル作業報告書】
(↓ 前回とフォーマットが違いますが、工場によって独自の書類を使用しているのかな??) 

0 件のコメント:

コメントを投稿